秘蔵レシピ大公開 (自称)日本一おいしいプリン

 講座企画塾 HOME > 男性料理教室・父子料理教室・講座 > 秘蔵レシピ大公開 (自称)日本一おいしいプリンの作り方

秘蔵レシピ大公開 オーブントースターで作る(自称)日本一おいしいプリン(シンプル焼きプリン)の作り方

日本一おいしいプリン

〔材料〕プリン 大カップ6個分(中カップなら9個分)
   ※ 大カップ:225cc、中カップ:150cc
   ※ 大カップは100円ショップのダイソーなどで売っているテフロン加工のものを使用

牛乳(成分無調整/生乳)900t
卵            Sサイズ5個(またはLサイズ4個)
砂糖(グラニュー糖)      90g
ブランデー          小さじ1
キャラメルソース
  砂糖(グラニュー糖)      60g
  水                 60t
  ブランデー           20t

〔作り方〕
1.やかんに湯を沸かす。

2.オーブンを200度で温めておく。

3.牛乳をボールに入れて中弱火にかけ、砂糖を加えて、体温くらいに温める。

4.卵をボールに割りほぐす。
※ 卵液が泡立たないように、菜箸の先で切るようにしながら混ぜる。

5.卵のボールに牛乳をゆっくりと加え混ぜ、さらにブランデーを加え混ぜる。

6.プリン液をこす。
※ 布巾をあててこす場合は、茶巾絞りにして、最後までしっかりこしとる。
※ 最後に、プリン液の表面にできた泡をティッシュペーパーなどでとる。

7.バットにプリンカップを並べる。
※ プリンカップは乾いた布巾でよく拭いて、内側に水気が残ってない状態にしておく。

8.キャラメルソースをつくる。(※ 下に詳しく説明)

【キャラメルソースのつくり方】
用意する道具:片手鍋、ロングスプーンまたはバースプーン
※ スプーンで混ぜているときに手がかなり熱くなるので、できればバースプーンのほうがよい。

(1) 手鍋に砂糖と水を入れ、強火にかけて、スプーンでよく混ぜる。
(2) 器に分量のブランデーを用意する。

日本一おいしいプリン(3) 最初透明だった砂糖液が白濁してきたら、強めの中火にして、時々混ぜる。










日本一おいしいプリン(4) 砂糖液が徐々に色づいていくので、そのまま混ぜ続ける。










日本一おいしいプリン(5) 砂糖液がきつね色になったら、つきっきりで混ぜ続け、さらに色が濃くなって褐色から栗色になって、砂糖液の表面から薄く煙が出るようになったら、火を止め、ブランデーを投入する。
(ブランデーが跳ねて、手にかかると大やけどをするので、ブランデーは30cmくらいの高さの斜め上から投入する)





9.キャラメルソースをスプーンで素早く混ぜながら、プリンカップに分け入れる。
日本一おいしいプリン
※ 冬場は室温か低いので、プリンカップに全部入れ終わらないうちにキャラメルソースが固まってしまう場合があるので、冬場は、プリンカップにキャラメルソースを入れる前に、プリンカップを並べたバットをキャラメルソースをつくったあとのガスコンロの上に置くとよい。

10.プリンカップのキャラメルソースが冷え固まって、プリンカップを横にしてもキャラメルソースが動かないようになったら、プリン液を分け入れる。
日本一おいしいプリン

11.オーブンに入れ、バットにやかんの湯を入れる。
日本一おいしいプリン
※ オーブントースター備え付けのバットは浅いので、深バットを別に用意するとよい。「キャン★ドゥ」で220円で売っている縦25.5cm、横20.0cm、高さ2.8cmのものがおすすめ。
※ ちなみに、オーブントースターのメーカーの説明書には、バットに湯をはることは故障につながるので、しないように、と書かれている。

12.オーブンを160度にセットして15分加熱する。

13.続いて、オーブンを150度にして、さらに18分加熱する。
※ 「13」が終えた段階で、オーブンの前側と後ろ側とで火の通りが異なるようなら、「14」に行く前にバットごと前後を入れ替える。
※ バットの湯が減っているようだったら、この段階で補う。

14.最後に、オーブンを140度にして、さらに15分加熱する。

15.「14」が終えた段階で、プリン液に竹串をそーっと刺し入れ、そのあとそーっと抜いたあと、2、3秒置いて、抜いたあとの穴の中から液体がしみ出てこなければ、できあがり。
液体がしみ出てくるようだったら、140度で、さらに2、3分加熱し、液体がしみ出ないようになったら、加熱を止める。

16.加熱を止めて、オーブンの中でそのまま40分ほど置く。

17.オーブンから取り出して、そのまま自然に冷ます。
日本一おいしいプリン

18.プリンカップが冷めたら、アルミホイルでふたをして、冷蔵庫に入れる。

※ キャラメルを作った手鍋は、擦り切れ近くまで水を入れて火にかけ、手鍋の内側にこびりついたキャラメルが溶けたら、洗う。

                                               2021.5.1  (C)吉田清彦

男の料理・男性料理教室・父子料理教室・講座

家事としての男の料理

料理の“ティーチングプロ”

吉田清彦の料理教室・講座のレジュメ(料理の基本と上手な味付けのコツ)

吉田清彦の料理教室・講座のルール(約束事)

男性料理教室・講座・今後の予定

これまでに行ってきた男性料理教室・講座
2020(R2)年〜
2019(H31/R1)年
2017・18(H29・30)年
2015・16(H27・28)年
2014(H26)年 2013(H25)年
2012(H24)年 2011(H23)年
2010(H22)年 2009(H21)年
2008(H20)年 2007(H19)年
2006(H18)年 2005(H17)年
2004(H16)年 2003(H15)年
2002(H14)年 2001(H13)年
2000(H12)年 1999(H11)年
1998(H10)年 〜1997(H9)年

父子料理教室・講座(「お父さんといっしょにお料理つくろ!」)

男性料理教室(自主グループ)
岸和田・男子厨房クラブ/宝塚男性料理クラブ/尼崎・男の料理教室/とよなか粋遊会/さんだクッキング倶楽部/はびきの 男の腕まくり OB会/京都・男の料理研究会/生駒・男の料理教室/摂津・男の料理教室 土曜会・金曜会/東京都大田区・エセナ味楽留(みらくる)/東京都北区・粋遊会/奈良・あすなら09会

料理エッセー 「ああそうなのか 料理のカラクリ」(1994年、京都新聞連載)

料理初心者が特に注意すること

秘蔵レシピ 大公開
 ビワの種の甘露煮
  htmlテキストPDF
 ヤマモモのシャーベット
  htmlテキストPDF
 日本一おいしいプリン
  htmlテキスト、 PDF

プロが教える 目からウロコの台所料理術〜家庭料理の基本とコツ〜
 料理・質問箱

食と健康

健康道場 さびない体と心をつ
 くる

飲食店経営指南
実戦開店入門講座「「開店の常識」を鵜呑みにしている経営者は危ない!」(「繁盛レストランbS」柴田書店 1989年6月)(7.67MB)

サイトマップ


吉田清彦プロフィール(各種講座講師実績豊富)
E-mail:ptokei04@s5.dion.ne.jp
TEL/FAX:06-4980-1128
携帯電話:080-5709-1944


     

TOP

by 講座企画塾