男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー 受講者の感想

 講座企画塾 HOME > 男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー > 男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー 受講者の感想

令和元年度 柏原市立男女共同参画センター フローラル市民大学講座「共に学び支えあい、自分らしくのびやかに」第2回 「人生再設計のすすめ 〜これからが面白い 第二の人生〜」(2019年11月22日(金)実施) 受講者の感想

定員 40人、参加者 20人、記入者 14人

【とてもよかった】
大変パワフルで、元気をもらいました。前向き発想について、多くのことに気づきました。再設計ノートを家で作ってみたいと思います。食から健康まで、わかりやすいヒントをいただき、感謝します。(男性・70代)

いいお話を聞かせていただきました。今後の自分に活かしていきたい。(性別・年代不明)

最高に楽しい時間と素晴らしいリハビリにします。家族とのコミュニケーションの大切さを身を切る思いで理解することができました。(女性・70代)

やっぱり楽しみをもって生活することが大切だと、あらためて思いました。脳を使って、体も使って体操して、やせようと思いました。(女性・60代)

【これからの人生に役立てたい】
今後の人生について、おおいに役立つライフプランを立て、楽しい人生を送りたい。(男性・70代)

健康についての考え方はいろいろあるのだと、実生活に役立てようと思いました。(女性・60代)

今までも自分自身のこれからを考えてはいたけれど、再度、深く考えていかねばと思いました。 (女性・60代)

これまで、人生再設計の方法がわからなかったが、実際、実践できるよう、努力しようと決意しました。あまり気負わずに、気軽にボランティアなどに参加できるようにしようと思いました。本日は大切なお話、ありがとうございました。(女性・70代)

(「孤独死」→「ひとり死」「自然死」「自宅死」など)新しい言葉づくりで雰囲気を変えていくことができるのだ!多少の「チホー症」が始まってますが、今日の講座を受けて、参考になることがありました。(女性・70代)

【その他の意見】
「サードライフ」「地域包括支援センター」、初めて聞く言葉ばかりです。「地域デビューのすすめ」の話の中で「これまでの豊かな知識や経験・技能を活かして」と言われて、私はハッとしました。
私には何もないのです。自分に自信がもってません。友達もいます。ダンナ様もやさしいです。子供・孫とも仲良しです。すごく恵まれた環境と感謝してます。ボランティア活動もしてます。生涯学習もやってます。「健康長寿度チェックシート」のチェック項目にあげられている「ありがとう」の言葉もたくさんもらいます。自分の口からもいっぱい言ってます。なのに、自分に自信がありません。
自分らしく、のびやかに生きています。これだけでいいんでしょうか。いろいろ考えさせられた時間でした。(女性・60代)

今はなんでも「パソコン、ホームページで」と言われるが、使わない私はどうすればよいのか。(女性・70代)



男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー

男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー 今後の予定

これまでに行ってきた男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー
2017(H29)年〜
2016(H28)年 2015(H27)年
2014(H26)年 2013(H25)年
2012(H24)年 2011(H23)年
2010(H22)年 2009(H21)年
2008(H20)年 2007(H19)年
2006(H18)年 2005(H17)年
2004(H16)年 2003(H15)年
2002(H14)年 2001(H13)年
2000(H12)年 1999(H11)年
〜1998(H10)年

第3次男女共同参画基本計画
  (2010年12月17日閣議決定)

男性問題を考える上での諸概念
「男性講座」の沿革(“マーケット”の推移)
男女共同参画社会をうながす社会・経済的な背景
充実した人生のために必要なもの

「人が集まる男性講座の作り方〜男たちは何を求めているのか〜」テキスト初版(2003年版)

男女共同参画・男の生き方・吉田清彦論稿集
「がんばらない生き方のすすめ〜会社人間から生活人間へ〜」(鳥取県男女共同参画センター「よりん彩」第23号 2007.3)
「2007年問題」ってご存知ですか?(摂津市立男女共同参画センター・ウィズせっつ情報誌「ウィズレポート」Vol.14(2005年3月))
「男はもっと生活力を、女はもっと経済力を」(兵庫県男女共同参画審議会 第2期委員公募原稿 2004.8)
「とかく世間というものは――「世間」考現学」(「それいゆ」 1984.12)(3.60MB)

関連記事
はいじ:男性向け講座(2008.2)

団塊いきいき倶楽部 これからは自分の人生を楽しもう!
団塊世代の地域グループモデル―とよなか粋遊会
(城陽市)おとこのわいわい日曜塾

男・おひとりさまの老後の生き方指南
「ひとり住まいの健康管理〜健康で長生きするための体と心の健康法〜」(2000.2)
 
吉田清彦プロフィール(各種講座講師実績豊富)
 E-mail:ptokei04@s5.dion.ne.jp
 TEL/FAX:06-4980-1128
 携帯電話:080-5709-1944


サイトマップ


     

TOP

by 講座企画塾