男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー 受講の動機

 講座企画塾 HOME > 男女共同参画・男性講座・ 男の生き方セミナー > 男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー 受講の動機

名古屋市 総務局 男女平等参画推進室 名古屋市男性セミナー 〜性別にかかわりなく個性と能力を発揮できる「男女共同参画社会」をめざして〜 「これからの人生をもっと素敵に輝いて生きるための 男性の生き方セミナー 〜地域での居場所づくり&仲間づくり〜」 (2020年2月15日(土)実施) 受講の動機

定員 30人、応募 33人、参加 25人(うち 50代 3人、60代 11人、70代 5人、80代 6人)、記入 14人

【セミナーのタイトルにひかれて】
セミナーの議題に興味をもちました。自分のためになる内容のお話が聞けるといいな‥と思い、参加しました。(年代不明)

テーマと内容に興味がありました。(80代)

セミナーのタイトルにひかれた。(年代不明)

地域での居場所がないので、知識を得るために参加。(65歳)

【退職後の生き方の情報を得られればと思って】
まもなく定年となり、その後の20年間の生活をどうすればいいのか知りたかった。(50代)

会社リタイヤ後の生き方について暗中模索なため、そのきっかけになる情報が何か得られたらと思ったため。(60代)

退職後の生活をどうするかのアイデアが知りたかった。(60代)

現役引退後の過ごし方のヒントを探しにきました。(50代)

【今後の人生設計のヒントを得たくて】
今後の人生設計のヒントを得られればと思い、参加しました。(50代)

将来的に何をすべきか、目標を立てても、挫折しており、先が見えないので。(年代不明)

生き方の新しい方向を探せられたらよいと思って。(年代不明)

【その他】
シニアの男性の生き方に興味があったから。(70代)

男ばかりの集まりに興味があった。(80代)


男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー

男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー 今後の予定

これまでに行ってきた男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー
2017(H29)年〜
2016(H28)年 2015(H27)年
2014(H26)年 2013(H25)年
2012(H24)年 2011(H23)年
2010(H22)年 2009(H21)年
2008(H20)年 2007(H19)年
2006(H18)年 2005(H17)年
2004(H16)年 2003(H15)年
2002(H14)年 2001(H13)年
2000(H12)年 1999(H11)年
〜1998(H10)年

内閣府ホーム/内閣府男女共同参画局ホーム/男女共同参画とは/男女共同参画白書/男女共同参画白書 平成26年版/第1節 家族・世帯及び男女の仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の現状と変化

第4次男女共同参画基本計画
  (2015年12月25日閣議決定)

第3次男女共同参画基本計画
  (2010年12月17日閣議決定)

男性問題を考える上での諸概念
「男性講座」の沿革(“マーケット”の推移)
男女共同参画社会をうながす社会・経済的な背景
充実した人生のために必要なもの

「人が集まる男性講座の作り方〜男たちは何を求めているのか〜」テキスト初版(2003年版)

男女共同参画・男の生き方・吉田清彦論稿集
「がんばらない生き方のすすめ〜会社人間から生活人間へ〜」(鳥取県男女共同参画センター「よりん彩」第23号 2007.3)
「2007年問題」ってご存知ですか?(摂津市立男女共同参画センター・ウィズせっつ情報誌「ウィズレポート」Vol.14(2005年3月))
「男はもっと生活力を、女はもっと経済力を」(兵庫県男女共同参画審議会 第2期委員公募原稿 2004.8)
「とかく世間というものは――「世間」考現学」(「それいゆ」 1984.12)(3.60MB)

関連記事
はいじ:男性向け講座(2008.2)

団塊いきいき倶楽部 これからは自分の人生を楽しもう!
団塊世代の地域グループモデル―とよなか粋遊会
(城陽市)おとこのわいわい日曜塾

男・おひとりさまの老後の生き方指南
「ひとり住まいの健康管理〜健康で長生きするための体と心の健康法〜」(2000.2)
 
吉田清彦プロフィール(各種講座講師実績豊富)
 E-mail:ptokei04@s5.dion.ne.jp
 TEL/FAX:06-4980-1128
 携帯電話:080-5709-1944


サイトマップ


     

TOP

by 講座企画塾