男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー 受講の動機

 講座企画塾 HOME > 男女共同参画・男性講座・ 男の生き方セミナー > 男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー 受講の動機

守口市、守口人権協会、大阪国際大学・大阪国際短期大学 国際関係研究所 2019年度 女と男のエンパワメント講座 もりぐちeセミナー「新しい時代−社会、経済、地域、家族、自分とは」第5回 「地域で、すてきに生きるための設計図をつくる」 (2019年11月5日(火)実施) 受講の動機

定員 40人、応募者 66人、参加者 46人(うち女性 34人、男性 12人)、記入者 30人

【講座のテーマにひかれて】
テーマに「地域ですてきに生きるための設計図」と掲げていたため、申し込みました!! (性別不明・70代)

「老後、すてきに生きるための設計図」にひかれました。(女性・80代)

ひまだったので、「すてきに生きるための設計図」とはどんなんだろうと思って聞きにきました。(女性・60代)

タイトルに興味を持ちました。団塊世代です。あと20年は頑張れるかなと、常に一日頑張ってます。地域活動を希望しているが、娘家族が優先で、毎日、家政婦してます。でも、好奇心は持ち続けてます。(性別・年代不明)

【今後の生き方の参考にと思って】
「終活」をしなければいけない年齢になって、残りの人生をいかに生きるべきか?生きたらいいか?を、いろんなことを企画・研究・実践されている方のお話を聞いて、何かヒントになることがないかどうか、とても興味をもって本セミナーに申し込み、参加いたしました。(女性・60代)

老後の生き方のヒントを探すため。(女性・70代)

いつまでも元気で生活ができればうれしいと考えて。(男性・87歳)

【今後の地域活動の参考にと思って】
@退職後、地域でじゅうぶん活動できていないため。A「地域デビュー」という言葉にひかれたため。(男性・60代)

地域活動参加へのきっかけ探しにと思って、受講しました。(男性・60代)

【勉強のため】
@生涯学習として受講。A知識吸収のため学習。B情報キャッチ。C余暇の利用、など。(男性・85歳)

いつまでも学びたいので。 (女性・79歳)

自己研鑽のため。(男性・70代)

主催者の一つである大阪国際大学から協力員の委嘱を受けており、他のボランティア活動日以外の日程で開講されていたため。自発的学習研鑽のため。(性別・年代不明)

【自分磨きのため】
自分磨きと、親とのコミュニケーションにつながればいいな…と思い参加しました。(女性・40代)

いろいろな人の話を聞いてみたいなと思ったので。(女性・70代)

これまで知らなかったこと、興味が湧くことを期待しながら出席させていただきました。(女性・60代)

離職したあと、1日の時間の割り出しをしてみた。そして、1か月単位で教養講座を入れていき、気分を一新するようにしたことが動機でした。(女性・70代)

【大阪国際大学の別の講座で知ったので】
今、介護中なので、気分転換のため。国際大の公開講座で知りました。(女性・70代)

前回、大阪国際大学の別のセミナーを受講した折に申し込みました。(女性・70代)

【友人に誘われて】
友人に誘われて、参加しました。(女性・70代)

80代の友人に誘われて、受講しました。(女性・70代)

【その他】
一連のeセミナーとして申し込みました。(女性・70代)

会場の守口市役所まで自宅からの歩行運動として、など。(男性・60代)

場所・時間がよかったから。ボケ防止にもよいと思って(女性・70代)


男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー

男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー 今後の予定

これまでに行ってきた男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー
2017(H29)年〜
2016(H28)年 2015(H27)年
2014(H26)年 2013(H25)年
2012(H24)年 2011(H23)年
2010(H22)年 2009(H21)年
2008(H20)年 2007(H19)年
2006(H18)年 2005(H17)年
2004(H16)年 2003(H15)年
2002(H14)年 2001(H13)年
2000(H12)年 1999(H11)年
〜1998(H10)年

第3次男女共同参画基本計画
  (2010年12月17日閣議決定)

男性問題を考える上での諸概念
「男性講座」の沿革(“マーケット”の推移)
男女共同参画社会をうながす社会・経済的な背景
充実した人生のために必要なもの

「人が集まる男性講座の作り方〜男たちは何を求めているのか〜」テキスト初版(2003年版)

男女共同参画・男の生き方・吉田清彦論稿集
「がんばらない生き方のすすめ〜会社人間から生活人間へ〜」(鳥取県男女共同参画センター「よりん彩」第23号 2007.3)
「2007年問題」ってご存知ですか?(摂津市立男女共同参画センター・ウィズせっつ情報誌「ウィズレポート」Vol.14(2005年3月))
「男はもっと生活力を、女はもっと経済力を」(兵庫県男女共同参画審議会 第2期委員公募原稿 2004.8)
「とかく世間というものは――「世間」考現学」(「それいゆ」 1984.12)(3.60MB)

関連記事
はいじ:男性向け講座(2008.2)

団塊いきいき倶楽部 これからは自分の人生を楽しもう!
団塊世代の地域グループモデル―とよなか粋遊会
(城陽市)おとこのわいわい日曜塾

男・おひとりさまの老後の生き方指南
「ひとり住まいの健康管理〜健康で長生きするための体と心の健康法〜」(2000.2)
 
吉田清彦プロフィール(各種講座講師実績豊富)
 E-mail:ptokei04@s5.dion.ne.jp
 TEL/FAX:06-4980-1128
 携帯電話:080-5709-1944


サイトマップ


     

TOP

by 講座企画塾