男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー 受講者の感想

 講座企画塾 HOME > 男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー > 男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー 受講者の感想

平成30年度 摂津市男女共同参画推進団体交流会 「男女共同参画で地域の元気を育てる」ポトラック・ワールド・カフェ(2018年5月31日(木)実施) 受講者の感想(主催者アンケートまとめ)

参加者:推進団体構成員 30人、センター職員 7人、記入者:推進団体構成員 24人

ワールド・カフェの内容はどうでしたか

 1.よかった             14人
 2.どちらかといえばよかった   9人
 3.どちらかといえばよくなかった 0人
 4.よくなかった            0人
 無回答                 1人

ワールド・カフェに参加してのご感想・ご意見

【いろんな方と交流できて、よかった】
いろんなグループの方と交流できました。(女性・60代)

さまざまな世代、性別にかかわらずに話ができて、よかったです。(女性・40代)

老若男女のさまざまな意見が聞けて、よかったです。(女性・30代)

みなさんと和気あいあいと話ができました。(女性・50代)

いろいろな人と話をすることにより、いろいろな知識が増える。(女性・68歳)

【とても楽しかった】
いろいろな方とお話ができて、楽しかった。(女性・40代)

いろいろな話が聞けて、とても楽しかったです。(女性・68歳)

お菓子を食べながら、緊張感もほぐれ、楽しくおしゃべりできました!(女性・30代)

楽しく勉強になりました。(女性・70代)

【学ぶことが多く、勉強になった】
意識の向上につながるきっかけになりました。皆さんの意見も聞けて、勉強になりました。(女性・40代)

このようなグループワークの仕方を教えていただいて、よかった。途中でグループを移動すると、たくさんの人と交われて、楽しかった。ただ、もう少し時間がほしかった。(女性・60代)

意識することができて、よかったと思います。(女性・40代)

私自身、社会参加できてないなと実感し、何かできていければと思いました。(女性・40代)

【その他の意見】
差別のない世界になればいい。(女性・76歳)

「“女性が輝く社会”にするために必要なもの」を話し合う時間で「つれあいの理解」というカードが出され、夫も妻も一緒だな(?)と思い、一人で笑ってしまいました。(女性・60代)

男性の参加者が少ないのが残念。年代にもかたよりがあるのは、開催日時が平日の昼間ということもあると思う。(女性・50代)

初めての参加だったので、全体の流れがよくわからなかった。(男性・70代)



男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー

男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー 今後の予定

これまでに行ってきた男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー
2016年〜  2015年
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
〜2000年

第3次男女共同参画基本計画
  (2010年12月17日閣議決定)

男性問題を考える上での諸概念
「男性講座」の沿革(“マーケット”の推移)
男女共同参画社会をうながす社会・経済的な背景
充実した人生のために必要なもの

「人が集まる男性講座の作り方〜男たちは何を求めているのか〜」テキスト初版(2003年版)

男女共同参画・男の生き方・吉田清彦論稿集
「がんばらない生き方のすすめ〜会社人間から生活人間へ〜」(鳥取県男女共同参画センター「よりん彩」第23号 2007.3)
「2007年問題」ってご存知ですか?(摂津市立男女共同参画センター・ウィズせっつ情報誌「ウィズレポート」Vol.14(2005年3月))
「男はもっと生活力を、女はもっと経済力を」(兵庫県男女共同参画審議会 第2期委員公募原稿 2004.8)
「とかく世間というものは――「世間」考現学」(「それいゆ」 1984.12)(3.60MB)

関連記事
はいじ:男性向け講座(2008.2)

団塊いきいき倶楽部 これからは自分の人生を楽しもう!
団塊世代の地域グループモデル―とよなか粋遊会
(城陽市)おとこのわいわい日曜塾

男・おひとりさまの老後の生き方指南
「ひとり住まいの健康管理〜健康で長生きするための体と心の健康法〜」(2000.2)
 
吉田清彦プロフィール(各種講座講師実績豊富)
 E-mail:ptokei04@s5.dion.ne.jp
 TEL/FAX:06-4980-1128
 携帯電話:080-5709-1944


サイトマップ


     

TOP

by 講座企画塾