男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー 受講の動機

 講座企画塾 HOME > 男女共同参画・男性講座・ 男の生き方セミナー > 男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー 受講の動機

橿原市社会福祉協議会地域包括支援センター 地域デビューをはじめよう講座「第2の人生の楽しみ方 〜地域での居場所づくり・仲間づくり〜」 (2016年7月29日(金)実施) 受講の動機

定員 40人、応募者 44人、参加者 40人ほど、記入者 36人

【講座の題名に引かれて】
「第2の人生の楽しみ方」という題名に興味をもちました。(女性・60代)

「第2の人生の楽しみ方」という題を見て、自分のことを考えてみようと思い、出席しました。(女性・70代)

「地域デビュー」「第2の人生の楽しみ方」に関心があり、出席しました。(女性・70代)

地域デビューについて、何かルールや方法を学びたくて参加しました。 (男性・50代)

【退職後の生き方について考えるため】
3月末で退職して、今後の生き方を探しているところだったため。(女性・68歳)

3年前に主人の定年退職を機に、自分も仕事を辞めて、ふと周りを見渡すと、すぐ近くに友人と呼べる人がいないので、“地域デビュー”で考えたかったので。(女性・60代)

退職後の生活は、「自由は不自由」という感じ。これからの道しるべが見えたらと思って、参加させていただきました。(女性・60代)

退職後、6年半ほどアルバイトをし、その後、3年ほどシルバー人材センターで働いていたが、6月に休会。ほかにすることもなく、今回の講座の話を聞いて、何かしてみたいとの思いから、参加しました。 (男性・70代)

【今後の生き方の参考にと思って】
第2の人生を楽しく過ごすため、少しでも参考になればと思って、受講しました。(男性・60代)

自分の今後の方向を決めたくて‥‥よく生きるための方策を知りたいと思って参加しました。(男性・70代)

一人暮らしなので、今回の講座を参考にしたいと思い、参加しました。(女性・70代)

【勉強のため】
自分向上のため、公的機関の講座は常に申し込んで参加しております。(女性・70代)

いつも広報などを見て、何か参考になればと思い、参加しております。(女性・70代)

いろいろな世界のお話がいろいろと聞きたくて、参加しました。(女性・70代)

どんなことにも参加したいと思って、申し込みました。(性別・年代不明)

第一は日程があったこと。好奇心旺盛があるのでなので、いろんな講演を聞くため。(性別・年代不明)

【社協からの案内で】
橿原市社協の広報紙「いきいき」で開催を知った。(男性・60代)

「いきいき」を見て、主人と一緒に参加しました。(女性・70代)

ふれあい電話訪問サービスにて連絡があり、申し込みました。(女性・70代)

過日、ケアマネージャーさんが来てくださり(主人が世話になっていますので)、講座のチラシをいただき、さっそく申し込んだ次第です。(女性・70代)

社協の係の職員さんから頼まれて参加しました。(女性・76歳)

【センターの脳トレ教室の案内で】
脳トレ教室での案内より。80歳に近づいた私たちの残された人生を有意義に過ごす参考にさせてもらうため。また、老人クラブ活動への参考にさせてもらうため、参加しました。(男性・78歳)

保健福祉センターで脳トレの講座に参加させていただき、今からの自分を少しでも前進させたいと思って、参加しました。(女性・66歳)

社会福祉協議会の脳トレに参加して、知りました。(女性・74歳)

脳トレで教えてもらった。(女性・73歳)

「脳若返り塾」で知ったので。(女性・70代)

【友人に誘われて】
友人に誘われて参加させていただきました。(女性・76歳)

友人の誘いで参加しました。(女性・70代)

友達に誘われて。(女性・67歳)

【その他】
地域に何か役立てたいと思って参加しました。 (女性・70代)

最近物忘れが多くなってきました。置き忘れなど時々あり、夫婦2人で参加し、少しでも生活に積極的に活動し、人々との交流・親睦を図りたいため参加しました。(男性・80代)

主人が引きこもっていますので、何かきっかけができればと参加させていただきました。やはり、主人が聞かせてもらえるのが一番だと思いました。(女性・69歳)



男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー

男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー 今後の予定

これまでに行ってきた男女共同参画・男性講座・男の生き方セミナー
2015年〜
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
〜2000年

第3次男女共同参画基本計画
  (2010年12月17日閣議決定)

男性問題を考える上での諸概念
「男性講座」の沿革(“マーケット”の推移)
男女共同参画社会をうながす社会・経済的な背景
充実した人生のために必要なもの

「人が集まる男性講座の作り方〜男たちは何を求めているのか〜」テキスト初版(2003年版)

男女共同参画・男の生き方・吉田清彦論稿集
「がんばらない生き方のすすめ〜会社人間から生活人間へ〜」(鳥取県男女共同参画センター「よりん彩」第23号 2007.3)
「2007年問題」ってご存知ですか?(摂津市立男女共同参画センター・ウィズせっつ情報誌「ウィズレポート」Vol.14(2005年3月))
「男はもっと生活力を、女はもっと経済力を」(兵庫県男女共同参画審議会 第2期委員公募原稿 2004.8)
「とかく世間というものは――「世間」考現学」(「それいゆ」 1984.12)(3.60MB)

関連記事
はいじ:男性向け講座(2008.2)

団塊いきいき倶楽部 これからは自分の人生を楽しもう!
団塊世代の地域グループモデル―とよなか粋遊会
(城陽市)おとこのわいわい日曜塾

男・おひとりさまの老後の生き方指南
「ひとり住まいの健康管理〜健康で長生きするための体と心の健康法〜」(2000.2)
 
吉田清彦プロフィール(各種講座講師実績豊富)
 E-mail:ptokei04@s5.dion.ne.jp
 TEL/FAX:06-4980-1128
 携帯電話:080-5709-1944


サイトマップ


     

TOP

by 講座企画塾