「行列講座」受講者の感想

大阪府公民館・関連施設連絡会、大阪教育大学教職教育研究センター、大阪府教育庁 平成30年 社会教育施設職員の学び合い講座 第3回 「すぐに使える講座づくり術 〜企画とチラシ〜」(2019年2月8日(金)実施) 受講者の感想

応募者 51人、参加者 46人、記入者 15人

【実践的な内容で、とてもよかった】
チラシづくりについて、すぐに役立てることができるようなお話をしていただき、とてもよかった。(女性・50代)

効果的なチラシの作り方や手直しの実例を拝見させていただき、3時間という時間があっという間に感じ、もっとご教授いただきたかった。(女性・年代不明)

ポイントだけ説明していただけたので、飽きることなく聞けました。(女性・20代)

@集中的に多くのことを学ぶことができて、よかった。新聞の折り込み広告からチラシ文字のネタ帳をつくることなど、やってみたいと思いました。Aバージョンの古いワードアートが使いやすそうで驚きました。新しいバージョンのワードアートが使いにくいので、めったに使うことがなかったので…(女性・20代)

具体的で、よかったです。(女性・50代)

【とても勉強になった】
受講させていただいて、とても勉強になりました。(女性・50代)

とても勉強になりました。 (性別・年代不明)

キャッチフレーズは勉強になりました。(女性・30代)

公民館職員として、講座の企画やチラシ作成は必要不可欠でありながら、これまで我流で過ごしてきたことを反省。文字通り、学び合い参加させていただきました。(男性・60代)

【チラシ作りのポイントを学ぶことができた】
チラシ作成時や広報についてのポイントがわかりやすかったです。(性別・年代不明)

チラシ作成についての意味や、何が大事かというのがよくわかりました。職場でチラシ作成をするので、本日、講座で学んだことを生かしたいと思います。行政用語など、ついつい使用しがちな言葉などがあったので、そのような点も気をつけようと思いました。(女性・30代)

@メインタイトルだけではなく、サブタイトルもとても重要だと感じた。Aこれまで、講師から提示されたタイトルに納得できなくても、講師に気をつかって採用していたが、これからは、気を悪くしない程度なら、こちらから提案してもよいかなと思った。(女性・40代)

【チラシのbefore・after事例がわかりやすかった】
実際のチラシを用いてbefore・afterが示され、わかりやすかった。Wordの実活用方法についても、説明豊富で、面白かったです。(男性・60代)

チラシの手直し前と後の実例を見ながら学べて、よかったです。応募が少ない場合の再募集に際して、「タイトルを変える」テクニックには、びっくりしました。(女性・40代)

【要望その他】
チラシづくりは詳しく教えていただきましたが、講座の企画についてもう少し詳しく教えてほしかった。(男性・60代)

ワード、パワーポイント、エクセルで作成する場合の利点、欠点など、PCに関する情報ももう少し聞きたかったです。(女性・30代)

資料、もう少しコンパクトのほうがわかりやすいと思います。(資料ナンバーも通しであったほうがいいと思いました)(女性・40代)

(ワードテクニックの解説は、)自身のスキルアップには、もう少しレベルの高いものだとよかったです。(女性・30代)



人が集まる! 行列ができる! 講座(企画)とチラシの作り方

「行列講座」・今後の予定

これまでに行ってきた「行列講座」
2016年〜
2015年  2014年
2013年  2012年
2011年  2010年
2009年  2008年
2007年  2006年
〜2005年

「行列講座」とは(骨格)
「行列講座」とは(沿革) 「行列講座」誕生から今日に至るまで
「行列講座」(「人が集まる講座の作り方」)テキスト初版(2003年版)

思わず手にとるチラシの作り方
思わず手にとるチラシを作るための9つのポイント
 htmlテキストPDF
チラシを作成する手順/チラシを手直しするときのポイント
 htmlテキストPDF
思わず手にとるチラシづくりのコツ(VHS・DVD)
関連記事:研修、教育、販売促進ビデオ・DVD制作及び、販売 株式会社アスパクリエイト/おすすめ教材
関連記事:滋賀県市町村職員研修センター/研修教材
関連記事:札幌市市民活動サポートセンター-メールマガジンしみさぽメルマガ 第8号(2010.8.2)/3 情報センターからのお知らせ

チラシ手直しbefore・after事例集


吉田清彦プロフィール(各種講座講師実績豊富)
 E-mail:ptokei04@s5.dion.ne.jp
 TEL/FAX:06-6499-1274


サイトマップ


     

TOP

by 講座企画塾