これまでに行ってきたジェンダーとメディア/CM関連講座(1999年)

 講座企画塾 HOME >  ジェンダーとメディア/CM> これまでに行ってきたジェンダーとメディア/CM関連講座(1999年)

これまでに行ってきたジェンダーとメディア/CM関連講座(1999(平成11)年)

12月3日(金)午前10時〜12時/(大阪府)高槻市
メディアが作り出す男性像・女性像
主催:高槻わんぱくクラブ

11月4日(木)午前10時〜12時/(大阪府)寝屋川市立エスポアール
コマーシャルを分析しよう 〜メディアが作り出す男性像・女性像に気づく〜
(「寝屋川市女性大学」の1コマとして)
主催:(大阪府)寝屋川市(教育委員会 社会教育課)

10月24日(日)午後1時半〜4時半/(岡山県勝山町)勝山文化センター
勝山町 女性のつどい
講演 メディアが作り出す男らしさ・女らしさ
主催:(岡山県)勝山町役場 町づくり振興課

勝山文化センター







勝山文化センター

10月22日(金)午前9時45分〜11時15分/神戸市立住之江公民館
メディアが子どもに与える影響 〜メディアとの上手なつきあい方〜
(「住之江公民館 教育講座」の1コマとして)
主催:神戸市立住之江公民館

10月12日(火)、13日(水)、14日(木)午後7時半〜9時半/(和歌山県)田辺市
メディアが描く男らしさ・女らしさ
主催:(和歌山県)田辺市

10月13日(水)午後1時半〜4時/和歌山県女性センター りぃぶる
メディアの中の女性
主催:和歌山県 社会教育課

JR和歌山駅和歌山県男女共生社会推進センター




(左)JR和歌山駅
(右)和歌山県男女共生社会推進センター“りぃぶる”(県民交流プラザ 和歌山ビッグ愛 9階)


10月2日(土)午後2時〜3時/(東京都港区)味の素(株)本社ビル 大会議室
メディアの中の「食とジェンダー」
((財)味の素食の文化センター 平成11年度「食の文化フォーラム」「食の中のジェンダー」第2回「現代社会における食とジェンダー」の3つの発表のうちの1つとして)
あとの2つの発表は、見崎恵子(愛知教育大学)「食べもの・女性・身体」、村上紀子(女子栄養大学)「「男の料理」を女の側からみると」
コーディネーター:竹井恵美子(大阪学院短期大学)
主催:(財)味の素食の文化センター
関連記事:(財)味の素食の文化センター 食の文化フォーラム 前回の概要/発表B<メディアの中の食とジェンダー> 吉田清彦(平成12年3月4日)
関連記事:ドメス出版総合図書目録/食とジェンダー 食の文化フォーラム18

9月29日(水)午前10時〜12時/(大阪府岸和田市)春木市民センター
メディア・リテラシー 〜雑誌を分析する〜
(「きしだわ女性大学」の1コマとして)
主催:岸和田市・自主グループ・アングル

9月21日(火)午後1時半〜3時半/(大阪府)岸和田女性センター
メディアの中の性差別
(「第9回 '99きしわだ女性大学「さよなら男女性別役割分業」 〜パートナーとのすてきな関係〜」全19回のなかの「共通テーマ」第2回として)
主催:(大阪府)岸和田女性センター

南海春木駅岸和田女性センター





(左)南海春木駅
(右)岸和田女性センター

9月13日(月)午後3時〜5時/(大阪府)茨木市立三島小学校 会議室
職員研修
メディアがつくりだす男らしさ・女らしさ
主催:(大阪府)茨木市立男女共生センター ローズWAM

8月24日(火)午前9時半〜12時/奈良県立北和女子高等学校
メディアが描く女性像・男性像 〜テレビCMを中心に〜
(「平成11年度 奈良県家庭教育研究会 実技講習会」の中の講演として)
主催:奈良県家庭科教育研究会

8月4日(水)午後2時〜4時/(兵庫県高砂市)高砂公民館
メディアがつくりだす男らしさ・女らしさ
(「市民大学」の1コマとして)
主催:(兵庫県)高砂市

7月1日(木)、8日(木)午前10時〜12時半/(大阪府)吹田市立女性センター デュオ
メディアに登場する女たち 〜みつめる・考える メディアの中の女性〜
7月1日 いけるよね! SAMのCM
   8日 ちょっと気になる 今どきのTVドラマ
主催:(大阪府)吹田市立女性センター デュオ

6月22日(火)午前9時半〜11時半/(奈良県)生駒市女性センター
子どもとメディア 〜アニメを中心に〜
(「女性学講座」の1コマとして)
主催:(奈良県)生駒市女性センター

近鉄生駒駅生駒女性センター






(左)近鉄生駒駅
(右)生駒女性センター

6月19日(土)午前10時半〜12時/奈良市東市小学校
PTA 教育講演会
CMの中の男女差別
主催:奈良県女性センター

5月26日(水)6月2日(水)、9日(水)、16日(水)、23日(水)午後7時〜9時/(大阪府)豊中市立千里公民館
市民企画講座 ワークショップ
メディアの中の女性 〜気になりませんか? こんな表現〜
5月26日 メディアの中の女と男(講師:大阪女子大学教員 萩原弘子さん)
6月2日 「メディアリテラシー」って何?(講師:立命館大学教員 増田幸子さん)
   9日 コマーシャルを分析してみよう(講師:フリーライター 吉田清彦さん)
   16日 雑誌を分析してみよう(講師:フリーライター 吉田清彦さん)
   23日 新聞記事はどうなってるの(講師:新聞記者 畑 律江さん)
定員:50名
費用:無料
申し込み:5月2日(水)10時から千里公民館で受付。10時半から電話受付。
主催・問い合わせ:(大阪府)豊中市立千里公民館

6月2日(水)午前10時〜12時/大阪市立飛鳥解放会館
ワークショップ
ジェンダー・フリーな教育とは?
主催:大阪市立飛鳥解放会館

3月24日(水)午後7時〜8時半/(大阪府岸和田市)春木市民センター
公開講座
メディア・リテラシー
主催:岸和田・自主グループ・アングル

3月23日(火)午前9時半〜12時、午後2時〜4時45分/(大阪市)水桜会館
大阪市水道局職員 人権研修
メディアの中の男性像 〜テレビCMを中心に〜
主催:大阪市水道局

2月26日(金)午後1時40分〜3時40分/大阪産業大学附属高校
メディアが作り出す出す男性像・女性像
主催:大阪産業大学附属高校(同和教育推進室)

2月25日(木)午後2時〜3時半/(兵庫県伊丹市)労働福祉会館
CMが描き出す男性像・女性像
主催:(兵庫県)伊丹市(農政課)

1月22日(金)、29日(金)、2月5日(金)、12日(金)、19日(金)午前10時〜12時/(大阪府)豊中市立千里公民館
市民企画講座 ワークショップ
メディアの中の女性 〜気になりませんか? こんな表現〜
1月22日 メディアの中の女と男(講師:大阪女子大学教員 萩原弘子さん)
   29日 「メディアリテラシー」って何?(講師:立命館大学教員 増田幸子さん)
2月5日 コマーシャルを分析してみよう(講師:フリーライター 吉田清彦さん)
   12日 雑誌を分析してみよう(講師:フリーライター 吉田清彦さん)
   19日 新聞記事はどうなってるの(講師:新聞記者 畑 律江さん)
定員:50名
費用:無料
申し込み:1月8日(金)10時から千里公民館で受付。10時半から電話受付。
主催・問い合わせ:(大阪府)豊中市立千里公民館

1月20日(水)午後7時〜9時/(和歌山県吉備町)きびドーム
メディアの中の女と男
(「女と男のステキな関係講座」の1コマとして)
主催:(和歌山県)吉備町(社会教育課)


これまでに行ってきたジェンダーとメディア/CM関連講座
2012(H24)年〜
2010(H22)年・2011(H23)年  2007(H19)年〜2009(H21)年  2006(H18)年
2005(H17)年  2004(H16)年  2003(H15)年  2002(H14)年  2001(H13)年
2000(H12)年  1999(H11)年  1998(H10)年  1997(H9)年  1996(H8)年
1994(H6)年・1995(H7)年  1991(H3)年〜1993(H5)年  〜1990(H2)年


ジェンダーとメディア/CM

ジェンダーとメディア/CM関連講座・今後の予定

これまでに行ってきたジェンダーとメディア/CM関連講座
2012(H24)年〜
2010(H22)年・2011(H23)年
2007(H19)年〜2009(H21)年
2006(H18)年 2005(H17)年
2004(H16)年 2003(H15)年
2002(H14)年 2001(H13)年
2000(H12)年 1999(H11)年 1998(H10)年 1997年(H9)
1996(H8)年 1994年・95年
1991(H3)年〜1993(H4)年
〜1990(H2)年

ジェンダーとメディア/CM 基本的な文書
日本女性会議2009さかい 第13分科会「メディアにおけるジェンダー」 関係用語ミニ解説(2009.10)
「メディア・リテラシーのこれまでとこれから」(2002)(3.19MB)
「北京女性会議 行動綱領・戦略目標と行動・「女性とメディア」」(2.08MB)

ジェンダー統計(総務省 統計局)

ジェンダーとメディア/CM 吉田清彦論稿集
「報告 性情報と若者たちの性意識・性行動」(「季刊 セクシュアリティ」bW 2002.10)(3.71MB)
関連記事:Seikyokyo/“人間と性”教育研究協議会/『季刊セクシュアリティ』最新刊
関連記事:Seikyokyo“人間と性”教育研究協議会/性教育関連論文/性と生を自己実現していくために 佐藤明子/メディアの中の性(2004)
「雑誌を使ったメディア・リテラシーの方法(いろいろ)」(メンズ・センター メディアの男性像プロジェクト 編集・発行「男性雑誌とジェンダー」2000.6)(7.78MB)
「メディアを批評的に読み解く」(「神戸新聞」1997年11月28日)
「さようなら男らしさ 第6回 CMのなかの男たち」(「週刊金曜日」第195号 1997.11.14)
「買春について」(「神戸新聞」1997年10月3日)
「メディアと男のセクシュアリティ」(「神戸新聞」1997年9月5日)
「メディアの中の男らしさ」(メンズセンター編『男たちの「私」さがし ジェンダーとしての男に気づく』かもがわ出版 かもがわブックレット104 1997年6月)(2.65MB)
関連記事:メンズセンター編『男たちの「私」さがし―ジェンダーとしての男に気づく』(斉藤正美、1997)
「新聞広告の中の父親像(「父の日広告」を中心に 「メディアの男性像」プロジェクト例会報告に変えて」(メンズセンター「メンズネットワーク」1996年)
「テレビCMの中の父親像」(「京都新聞」1995年11月22日)
「作られる「男らしさ」「女らしさ」 メディアの中の性差別」(関西大学人権問題委員会「「ひと」の権利」第2号 1992.3)(3.60MB)
「CMの中の女と男」(1)〜(10)(「新しい家庭科―We」1986年4月号〜1987年2-3月号連載)(4.82MB)
「テレビCMは変えられるか」(「コマーシャルの中の男女役割を問い直す会 会報」bQ 1985.7.15)(4.15MB)

講演録:「“マスメディア”をジェンダーの視点で見る 〜コマーシャルの中の男女共同参画〜」(大阪府生活協同組合連合会 2005年度 ジェンダーフォーラム協議会 学習会/2006年3月13日)
1.すべてはメディアを通してやってくる(6.45MB)
2.メディアの力(5.49MB)
3.テレビCMとジェンダー(5.43MB)

平成14年度男女共同参画フォーラム 第3分科会「さまざまな表現の中での女性と男性の人権について考える」(「男女共同参画フォーラム〈京都市〉報告書」)(2002.12.20)

コマーシャルの中の男女役割を問い直す会
「コマーシャルの中の男女役割を問い直す会 活動の記録(95年〜01年)」(「会報」10 2004.8)
「インタビュー記録 「コマーシャルの会」のこれまでと、これから」(「会報」bX 1995.11)(6.61MB)
「特別報告 北京会議のNGOフォーラムでのパフォーマンス」(小川真知子)(「会報」bX 1995.11)
メディア総合研究所/市民団体紹介(2002年6月現在)
ウィキペディア フリー百科事典/1984年の日本の女性史/この年

ジェンダーとメディア/CM 関連記事
「男の裸 美しければいいのかな!?」(「毎日新聞」2010年2月15日夕刊「特集ワイド」)
TransNews Annex:[生活探偵] 「食べる人」から「育児パパ」へ どう変わった?CMの家族像(読売 2005/07/06朝刊)
「・・落書」ネタ帳:「CM:男女関係分析「家事をする男性」に好感−市民団体が調査」(「毎日新聞」2004年11月19日 大阪朝刊)
「CMの世界に異変!? 男性が料理・洗濯…」(「東京新聞」2004年10月17日)
「男女の役割、CMで変化 夫が料理や洗濯 「男も家事」自然に 価値観変化、現実より進む?(「日本経済新聞」2003年8月15日夕刊)
けとば珍聞2000年1月号/Vチップ(小矢野哲夫、2000.1)
伊藤洋子「広告考現学 男だけのCMづくりはもう古い サントリー、ニッカウヰスキー」(「月刊公論」1990年5月号)(4.15MB)

ジェンダーとメディア/CM 資料関連記事
杉野 勇/2010年度 前期 学部ゼミ「ジェンダー論演習T」で取り上げた文献リスト
北星学園大学ジェンダー研究会のひろば/リスト/ブックリスト
奈良大学社会学部 間淵領吾「TVCMと性別役割」(2001.5.8)
ドーンセンター/出版物(Dawn Hand Book)『メディア・リテラシーとジェンダー』(2000.3)
DIJ(ドイツ−日本研究所)−メディアがつくるジェンダー 日独の男女・家族像を読みとく(1998)

市民メディアネット
「1年間、ようがんばった!!(総会&忘年会の報告)」(「市民メディアねっと News letter 4(2001年 冬号))(2001年1月16日)

新聞切抜貼

広告景気年表(電通)

サイトマップ


吉田清彦プロフィール(各種講座講師実績豊富)
E-mail:ptokei04@s5.dion.ne.jp
TEl/FAX:06-4980-1128
携帯番号:080-5709-1944


     

TOP

by 講座企画塾